蒙古斑革命 山口小夜子×高木由利子

第10回 自由奔放に生き、周りを癒し育てる“ママ” 浅野順子

Words From 山口小夜子

順子さんには二人の息子さんがいて、お二方とも仕事で存じ上げていますが、音楽や演劇での才能はもちろん、人間としても真っ直ぐでとても素敵な方たちです。けれど、そのお二方を育て上げた当の順子さんは、よくある“お母さん”のイメージからは遠い方。今はお孫さんまでいらっしゃるけれど、“おばあちゃん”の立場にいるとは到底、思えません。物事に対する考え方がさばけていて、自分の好きなこと・したいことに向かって真っ直ぐに生き、周りを楽しい気持ちにさせてしまう方なのです。いったいどういう考え方をして、どういう子育てをされたのか、それを前々からぜひ伺いたいと思っていました。

伺ったお話の中で順子さんは「できないのよ私、お母さんらしくしろって言われても無理なのよ」と明るく笑われていました。それは決して開き直りではありません。周りの目を気にせず、自ら決定していく、という強い意志によるものだと思うのです。私たちは日々、周りの目を気にして生きています。こうしなくてはいけない、ああしなくてはいけない、という制約を自らに課しながら生きています。それは社会生活を営む上で必要だったり、その枠に沿って生きれば他人と無駄な軋轢もなく過ごすことができたりするけれど、それで自分を縛りすぎるあまり、大切なものを見失っているのではないかとも思えるのです。

「だってできないんだもん」と、順子さんは自分が100%完璧な“お母さん”でないことを、ごくごく自然に受け止められています。下手に自分を取り繕ったりはしません。他人の眼差しの中で判断したり、“こうあらねば”という尺度に無理して合わせることもなく、素のままの自分を子供たちにも周りの人にも見せています。既成概念に囚われることなく自由なのです。世の中の既成概念から外れることに勇敢で、自分の好きなこと、したいことに向かって真っ直ぐに生きる。そうして不完全な自分を受け止め、自分の生活や周りを楽しくさせ、いっぱいの愛情を注ぎ込む。そんな飾ることなく素のままの自分を、子供たちにも周りの人にも見せる。「わがままなのよ、私」と順子さんはおっしゃいますが、自由であることの責任もきちんと受け止められています。自由とわがままとは違うのです。ほんとうの意味で自由に生きている方です。その順子さんの愛を受けて育ったから、二人の息子さんたちも自由で大らかな青年になっていったのだと、つくづく感じました。100%完璧なお母さんではないかもしれない。だからこそ、めいっぱいの愛で子供たちを抱きしめる。それが素敵な人を育てることに繋がっていると思うのです。

The Salvage Project of 蒙古斑革命

2007年に他界したファッションモデル/パフォーマーの山口小夜子と写真家の高木由利子が2005年から2007年にかけて行っていたプロジェクト『蒙古斑革命』の失われていたWebサイトのサルベージを開始します。

『蒙古斑革命』は、ファッションモデルとしてかつて ”日本” のアイコンであった山口小夜子と世界を飛び廻り”人の存在”を撮り続ける高木由利子が、あらためて日本に生きる人々の美意識を探り、そのアイデンティティに向き合うべく、2人の目に留まった総勢32名の”エッジな人々”へインタビューを行ったプロジェクトです。

その様子は、 雑誌「ソトコト」で高木由利子による写真とグラフィックをメインにインタビューの抜粋を掲載し、Webサイトでインタビュー全文を公開するという形でおよそ2年間にわたり連載を行っていました。

連載が終了した2007年、山口小夜子が急逝。
そして、奇しくもそれとほぼ時を同じくし、サーバーダウンによりWebサイトの全データが消失、また、ローカルデータやインタビュー音声なども消失してしまい、『蒙古斑革命』の記録を閲覧することができなくなってしまいました。

山口小夜子急逝から10年経過した2017年、『蒙古斑革命』を当時愛読し、多くの影響を受けたという星野圭一の呼びかけに始まり、高木由利子、プロジェクト発足当時から影で支えていた現代美術家/ホーメイ歌手の山川冬樹、山口小夜子と舞・朗読・映像によるパフォーマンス活動を共にした演出家の生西康典、エンジニアの篠原敏蔵らが集まり、『蒙古斑革命』復活プロジェクトを発足。高木由利子が所蔵していたインタビューの様子を撮影した映像や誌面原稿から記録を起こし直し、新たに再構築することで『蒙古斑革命』Webサイトの復活にたどり着きました。(データサルベージ作業は、現在も続いており32名分のインタビューは順次公開していきます。)

第1回目の公開は、山口小夜子生誕の日にあたる9月19日。全32名へのインタビューを終え、連載の最後に行われた山口小夜子と高木由利子の「終わらない旅」と題された対談からスタートします。この対談は『蒙古斑革命』立ち上げの経緯やその想いを語った内容となっており、また、プロジェクトのステートメントとしても受け取ることができます。「終わらない旅」と題されているとおり、連載終了後も『蒙古斑革命』の精神が多くのひとに拡がっていくことを願った山口小夜子と高木由利子の意志を受け継ぐところからサルベージを開始します。

10年の時を経てふたたび『蒙古斑革命』が蘇ることで、山口小夜子と高木由利子の企みと想いが、現代の多くのひとと共鳴し「旅の続き」がはじまることを願っています。

2017年9月19日
「蒙古斑革命」復活プロジェクト 一同