蒙古斑革命 山口小夜子×高木由利子

第11回 自らと重ねて楽器のエネルギーを引き出す和太鼓奏者 堀つばさ

Words From 山口小夜子

鼓童の前身にあたる「佐渡の國鬼太鼓座」の公演を始めて見たのはNYでのこと。70年代後半に行われたその公演は、NYでも大絶賛されていました。そこで出会った林英哲さんとは、その後何度かパフォーマンスで共演したり、和太鼓とは私も不思議にご縁があります。

その後林英哲さんは、1981年に結成された和太鼓集団「鼓童」の名付け親となり、ご自身は独立されてさらに独自の和太鼓表現を貫かれ、「鼓童」は受け継いだものを新たに発展させた表現で、それぞれ世界に発信していくことになります。ところで日本の伝統的な楽器である和太鼓を使い、芸術の域にまで高めたこうした表現は、実は新しいものなのです。和太鼓そのものは祭り囃子の中で叩かれてきましたが、和太鼓を主にしたこうした表現は、トラディショナルでありながらとてもコンテンポラリー。「鼓童」では当初、太鼓を叩くのは男性、女性は唄や踊り、と役割が分かれていました。

そんな中でつばささんは、鼓童の女性としては初めて、演奏者としての自分が依って立つ所を太鼓に定めた方です。今でこそ女性の太鼓奏者も増えましたが、その嚆矢となった方です。舞台の上で和太鼓に向き合われる姿を垣間見て、女性が和太鼓を叩くということについてお話を伺いしたいと思っていました。これまで世界中のパーカッションと共演してきた中で、じつは私の中には太鼓は男性のものだ、というような感覚がしばらくありました。もちろん韓国の五面太鼓や長杖鼓のように、女性が舞いながら叩く、優美で美しい打ち方もありますが、男性的な力強さを持って女性が太鼓を叩くリリシズムや美学が確立されたのは、特にここ10年くらいのことではないかと思います。叩きたい、伝えたい、自らを楽器に重ねて音を響かせたい、というつばささんの強い意志がその道を切り開いたのでしょう。そんな彼女の姿を見ていると、女性や男性という性別にわけられるものではなく、そこに向かう強い精神があれば、未来へと向かおうとする意志があれば、どんなことにでも挑戦していけるし、どんなことでも昇華していけるのだと、思います。

The Salvage Project of 蒙古斑革命

2007年に他界したファッションモデル/パフォーマーの山口小夜子と写真家の高木由利子が2005年から2007年にかけて行っていたプロジェクト『蒙古斑革命』の失われていたWebサイトのサルベージを開始します。

『蒙古斑革命』は、ファッションモデルとしてかつて ”日本” のアイコンであった山口小夜子と世界を飛び廻り”人の存在”を撮り続ける高木由利子が、あらためて日本に生きる人々の美意識を探り、そのアイデンティティに向き合うべく、2人の目に留まった総勢32名の”エッジな人々”へインタビューを行ったプロジェクトです。

その様子は、 雑誌「ソトコト」で高木由利子による写真とグラフィックをメインにインタビューの抜粋を掲載し、Webサイトでインタビュー全文を公開するという形でおよそ2年間にわたり連載を行っていました。

連載が終了した2007年、山口小夜子が急逝。
そして、奇しくもそれとほぼ時を同じくし、サーバーダウンによりWebサイトの全データが消失、また、ローカルデータやインタビュー音声なども消失してしまい、『蒙古斑革命』の記録を閲覧することができなくなってしまいました。

山口小夜子急逝から10年経過した2017年、『蒙古斑革命』を当時愛読し、多くの影響を受けたという星野圭一の呼びかけに始まり、高木由利子、プロジェクト発足当時から影で支えていた現代美術家/ホーメイ歌手の山川冬樹、山口小夜子と舞・朗読・映像によるパフォーマンス活動を共にした演出家の生西康典、エンジニアの篠原敏蔵らが集まり、『蒙古斑革命』復活プロジェクトを発足。高木由利子が所蔵していたインタビューの様子を撮影した映像や誌面原稿から記録を起こし直し、新たに再構築することで『蒙古斑革命』Webサイトの復活にたどり着きました。(データサルベージ作業は、現在も続いており32名分のインタビューは順次公開していきます。)

第1回目の公開は、山口小夜子生誕の日にあたる9月19日。全32名へのインタビューを終え、連載の最後に行われた山口小夜子と高木由利子の「終わらない旅」と題された対談からスタートします。この対談は『蒙古斑革命』立ち上げの経緯やその想いを語った内容となっており、また、プロジェクトのステートメントとしても受け取ることができます。「終わらない旅」と題されているとおり、連載終了後も『蒙古斑革命』の精神が多くのひとに拡がっていくことを願った山口小夜子と高木由利子の意志を受け継ぐところからサルベージを開始します。

10年の時を経てふたたび『蒙古斑革命』が蘇ることで、山口小夜子と高木由利子の企みと想いが、現代の多くのひとと共鳴し「旅の続き」がはじまることを願っています。

2017年9月19日
「蒙古斑革命」復活プロジェクト 一同